No.7 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。

スタッフブログ|2021/07/22(木)

No.7
デザイナーが考える!
効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。


お客様に伝わるわかりやすいコピー(文章)を考えましょう。


デザインというとぱっと見のビジュアルのイメージが重要視されがちですが、
言葉の力は、広告にとってとても必要な要素です。

とはいえ、いざ、センスのあるキャッチコピーや
伝えたい情報を文章をすることは、私自身も難しい(苦手)と感じることがあります。
 

普段と違う切り口や、伝えるのが難しいと感じる広告を作成するときは、コピーライターに頼んでみたらいかがでしょうか?

 

No.7 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。

 コピーライターへの依頼の流れ 

(あくまでも私の場合です。参考になれば・・・。)



コピーライターも簡単に文章ができるわけではありません。


(1)まず初めに写真や図面、コンセプト、特徴などなど、すべての情報を共有します。

※また、一緒にクライアントの打合せや現場の取材にきていただいたりすることもあります。
 

(2)「このぐらいのスペースに、このぐらいの文字数でこのような内容と情報をまとめた文章を考えてください。」とラフのレイアウトを作り依頼します。

(3)スケジュールを確認します。

(ボリュームのある内容だと当然時間もかかりますし、お客様も都合等も含め調整します。)


(4)コピーができたら、内容をチェックし、構成・修正をしたデータをいただきます。
 

同時進行で、デザイナーはレイアウトを組んでいきます。
コピーができたら、すぐに広告に反映できるように準備をしておきます。
文章をいただいたら、文字の強弱や色のメリハリなどの全体調整しデザイン作成したものをクライアントに確認をしてもらいます。

 


以上がコピーライターへ依頼した時の流れです。

No.7 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。

文章が、ちぐはぐで、何が言いたいのかよくわからない広告では、
いくら、素敵な商品でも効果が期待できません。



伝わりやすい文章と写真や素材をうまく組み合わせることが
効果の出やすいチラシ作成のポイントです。
言葉のプロ!コピーライターに依頼してみては、いかがでしょうか。


当社、アッシュデザインでもコピーライターによるコピー作成ができますので
ぜひ、お気軽にご相談ください。


エクステリア業界 

スタッフブログ|2021/07/12(月)

みなさん、こんちは。
まだ梅雨入りですが、暑くなってきましたね。
こまめな水分補給するなり体調管理に気をつけましょう。

さて、今回はエクステリア業界のお話を少々。
取引している何社かのお客様と仕事のお話を伺うと忙しいとお聞きします。
これは正直ビックリですね・・・・・。
※ただ業界全体とは言い切れませんのでご了承願います。
 

で、お話しを伺っていくとお家にいる時間が増えて住まいの見直しやこの時期お子様が車の免許取得を見据えて、お庭をつぶして駐車場の拡張工事など案件があるようです。
とあるクライアントはオーバーワークなんて言いますからね・・・ビックリですよ。



 

エクステリア業界 

毎週新規顧客が来店されるなりお問い合わせがコンスタントにある事や
ホームページからの問い合わせも増えている背景を踏まえると、コロナ禍で市況の消費者動向の変化があるようですね。
お金の使い方に変化があるのでしょうか。

私たちもこの業界の背景からWEB案件が増えているのもまた現状。
どこでビジネスチャンスがあるか見据えないといけないかと思う今日この頃。



ではまた。


折込チラシまだまだ健在!その(2)

スタッフブログ|2021/06/21(月)

みなさん、こんちは。
気が着けば6月、今年も早いモノでもう半年・・・早いと思うのは私だけでしょうか。
一日を本当大事しないといけませんね。

さて、今回も折込チラシのお話を。
4月に岡崎のとあるエクステリアショップで相談会を行いました。
このコロナ禍でどうかと内心思っておりましたが、2日間で約31組程の来店があったそうです。
やはり、不要不急で家にいる時間が増えたのでしょうか、住まいを見直しをされたい方が多いようです。

​​この期間に都合の悪い方は次週とかに来店されているようでいい結果になったかと。
 

折込チラシまだまだ健在!その(2)

ここのクライアントは折込チラシだけではなく、ポスティングもスタッフで手分けして行っています。そうしたコツコツと行った努力の結果が出たのではと感じています。

 

こうした反響を見るとチラシもまだまだ健在だと感じる今日この頃です。

 

ではまた。


No.6 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。

スタッフブログ|2021/06/21(月)

No.6
デザイナーが考える!
効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。


商品の内容を理解し、情報をしっかり整理するためにも
レイアウトのラフ案をつくりましょう。


広告を作るうえで、視覚的な色や見た目のデザインはとても重要ですが、
もっとも大切なことは、商品の内容を理解し、情報をしっかり整理することです。

上記を踏まえて
デザイナーが、どのようにしてチラシのレイアウト(構成)をしていくのかを
データ作成前の仕事の流れを説明しながらご紹介いたします。

 

 デザイナーが考える!データ作成前の仕事の流れ 

(あくまでも私の場合です。参考になれば・・・。)


(1)営業 又は クライアントと打合せ。

(2)資料や情報、内容を理解し、疑問点を確認します。

(3)原稿や画像などのチラシに必要な材料を集めます。

(4)紙と鉛筆を使って大まかなレイアウトのラフ案をつくります。

アナログですが、レイアウトのラフ案は、納得いくまで何枚も書きます。

それぞれの内容・情報をコーナー分けし、ポイントになるところや強調したいところなど、どこに、何をどのくらいのスペースで入れるかをラフ案を作りながら頭の中を整理しています。
ラフ案を書くことで、全体のボリューム感が目に見てるものになりデザインイメージがはっきりしてきます。
分かりやすいチラシを作るためにも、ここに時間をかけています。

 

No.6 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。



(5)ラフ案ができたら、営業と再度打合せをし、内容の微調整をします。

内容に抜けがないか、ポイントがずれていないか、各コーナーのデザインイメージやカラーなど、ラフの状態で再度打合せし確認します。


(6)ざっくりしたラフ案ができてから、はじめてパソコンでデータ作成を行います。

以上がデータ作成前の仕事の流れです。

No.6 デザイナーが考える!効果の出やすい広告作成のポイントをご紹介します。

デザインやレイアウトもしっかり決めず、
いきなり最初からパソコンで行き当たりばったりの作業される方もおられますが、
思った以上に時間がかかっていないでしょうか?
“急がば回れ”ラフを書いて情報をしっかり整理してから
データ作成をすると無駄な時間がなくなるのではと思います。
 

 

レイアウトのラフ案をつくることで、商品の内容を理解し、情報をしっかり整理できます。
結果、エンドユーザーに伝わりやすいチラシが作成できるのではないでしょうか?
効果の出やすいチラシ作成のポイントとして
広告作成の進め方について考えてみては、いかがでしょうか。


折込チラシ・・・まだまだ健在です!その(1)

スタッフブログ|2021/05/24(月)

みなさん、こんちは。
5月なのにもう梅雨入りですね。
予想だと7月まで続くそうです・・・今回は長いようですよ。


さて、今回は折込チラシのお話を。
緊急非常事態解除後、当社のお客様も動き出して市況に仕掛けていきたいたいとお話しをもらいます。

とは言うもののまた緊急非常事態宣言中ですね・・・。
負けじと頑張っているお客様のお話を。
こちらのお客様は、エクステリア・リフォームを専門に手掛けている春日井・小牧方面のお客様です。
当社の「A4」1枚アンケートセミナーに参加され、チラシを見直しをさせていただきました。
折込エリアも検証しながら定期的に折込した結果、コンスタントに反響がありました。


 

折込チラシ・・・まだまだ健在です!その(1)
当社が作ったチラシで反響をいただきお客様からお礼の言葉いただいた時は、やりがいさも感じまだまだチラシも健在だと感じる今日この頃です。


ではまた。