簡単で無駄がないネット広告「どこどこad」のお知らせ

お知らせ|2020/05/11(月)

簡単に無駄なくネット広告に取り組みたい方へ

ターゲティングネット広告「どこどこad」なら簡単に配信でき、エリア限定で無駄なくネット広告が配信出来ます。

ネット広告に取り組みたいけれど、配信設定が難しそうだったり、費用が高くなりそうだと、悩んでいませんか?そんな方にお役に立てるネット広告が「どこどこad」です。
「どこどこad」は、Webサイト訪問者のIPアドレスから「エリア」「組織」「気象」「回線種別」「性別」「職種」を判定しターゲティングを行うオンライン広告配信サービスです。Cookieを利用せず、IP Geolocation技術という独自のテクノロジーを活用し、効果的なバナー広告の配信が可能になります。
配信設定が難しいと思われるかもしれませんが、ご自身で行う設定は一切ありません。配信エリアや配信時間等の条件を決めていただければ、設定は当社で全て行いますのでご安心ください。
簡単に無駄なくネット広告が配信できる「どこどこad」をぜひ、ご利用ください。



こんな方にオススメです。
・初めてネット広告に取り組まれる方
・折込チラシやポスティングチラシと組み合わせて、ネット広告を使いたい方
ネット広告は、予想以上に価格が高いと悩んでいる方
・ペライチでランディングページを作ったけど、アクセスが増えなくて悩んでいる方

詳細は、こちらからどうぞ↓↓↓

https://www.assh.co.jp/blog/c/9/1/


簡単で無駄がないネット広告「どこどこad」

どこどこad|2020/05/01(金)

簡単に無駄なくネット広告に取り組みたい方へ

ターゲティングネット広告「どこどこad」なら簡単に配信でき、エリア限定で無駄なくネット広告が配信出来ます。

ネット広告に取り組みたいけれど、配信設定が難しそうだったり、費用が高くなりそうだと、悩んでいませんか?そんな方にお役に立てるネット広告が「どこどこad」です。
「どこどこad」は、Webサイト訪問者のIPアドレスから「エリア」「組織」「気象」「回線種別」「性別」「職種」を判定しターゲティングを行うオンライン広告配信サービスです。Cookieを利用せず、IP Geolocation技術という独自のテクノロジーを活用し、効果的なバナー広告の配信が可能になります。
配信設定が難しいと思われるかもしれませんが、ご自身で行う設定は一切ありません。配信エリアや配信時間等の条件を決めていただければ、設定は当社で全て行いますのでご安心ください。
簡単で無駄なくネット広告が配信できる「どこどこad」をぜひ、ご利用ください。



こんな方にオススメです。
・初めてネット広告に取り組まれる方
・折込チラシやポスティングチラシと組み合わせて、ネット広告を使いたい方
ネット広告は、予想以上に価格が高いと悩んでいる方
・ペライチでランディングページを作ったけど、アクセスが増えなくて悩んでいる方


 

どこどこadをオススメする5つの理由

オススメ理由1
どこどこadは、ディスプレイ広告だから、伝えられる情報量が多い!
どこどこadは、ディスプレイ広告だから、伝えられる情報量が多いので、使い方が広がります。商品や会社の特長を表現したり、日付を入れられるイベント等の告知も可能です。




オススメ理由2
さまざまなメディアから一斉に集客が可能!
一般的なウェブ広告(純広告)では、特定のWebサイトにしか広告が表示されませんが、どこどこadは、Webサイトをまたいで配信できます。したがって、さまざまなWebサイトから一斉に集客が可能になります。




オススメ理由3
IPアドレスをデータベース化した独自のテクノロジーを用いたターゲティング広告!
IPアドレスには、「都道府県、市町村区、緯度・経度といった位置情報」や「会社名や従業員規模といった組織情報」「天気や温度といった気象情報」が紐づいており、その情報をデータベース化したテクノロジーでターゲティングを行います。したがって、「安城市のみ」といったエリア設定はもちろんのこと、「上場企業のみ配信」とか「建設業のみ配信」といったターゲティングが可能になります。


 

オススメ理由4
面倒な作業は一切不要です。設定は当社におまかせ!
広告配信の設定、メディアとの契約、配信結果のレポートなど、広告配信にかかわる業務を当社がまるごと担当します。手間や時間を節約できます。


 

オススメ理由5
広告への反応がはっきりわかる!
「どれだけ見られたか」「どれくらい集客したか」を具体的な数値で把握出来ます。効果が“数値”でわかるから、バナー広告を変更したり、配信時間を変更する等、次への改善につなげられます。お客様の反応を知ることが出来るので、折込チラシと連動させれば、チラシのキャッチコピー等に活かすことが可能です。




レポートサンプル
独自のIPアドレスを持った企業様であれば、クリックされると「社名」がわかりますので、どこの企業様が自社の商品に興味があるかが、わかります。






 

どこどこad 活用方法
活用例(1)

エリアごとにイベント集客が可能になる!
エリアごとにイベント内容が違っていても、広告内容を変更したバナー広告を同時に配信し、イベント告知が出来ます。




活用事例(2)
地元のお客様へセール情報を告知!
折り込みチラシと連動させて、告知が出来ます。コピーを変更したバナー広告を数種類同時に配信して、一番クリック率が高いバナーのコピーを折り込みチラシのキャッチコピーに使えば、より効果の高い折り込みチラシになる可能性があります。




活用例(3)
エリア限定で採用情報を発信!
地元出身者の採用を望むのであれば、求人広告バナーを採用したいエリアだけに配信し、エリアを限定することが可能です。



 

商品概要・ご利用料金

 

※ ご希望の表示回数でのご対応が可能です。

※ 表示回数・表示日数は目安です。実際の表示回数や日数は前後する可能性がございます。

管理費として上記金額の20%が必要になります。

 

バナー制作費


よくある質問

Q1.豊田市だけでも配信出来るのですか?
A1.配信エリアは、「市・町・村・区」で設定できるので可能です。豊田市と東郷町と名古屋市緑区といったような設定が可能です。


Q2.属性では、絞込みが出来ないのですか?
A2.性別、役職者、専業主婦、パート・アルバイターで絞込みが可能です。


Q3.費用はどれくらい掛かりますか?
A3.月額10,000円(税抜・管理費別)~からでも配信できます。





 

お申込・ご相談は、下記よりお気軽にどうぞ。

お電話
TEL:0566-73-6399


メール
info@assh.co.jp


問合せフォーム
https://www.assh.co.jp/formmail/


新聞の本当の姿を知っていますか?

スタッフブログ|2020/02/01(土)

みなさん、こんにちは。

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーの大見です。

今日は、「新聞の本当の姿」について書こうと思います。

年が明けてから1ヶ月が過ぎましたが、新聞の折込チラシについて、正反対の意見や感想をいくつか頂きました。

・新聞折込やネット広告って本当に効果が無いですね。ずーーーーと続けていますが、反響が無いです。(ずっと同じ原稿内容です。)もう広告は止めて、直接、声を掛ける事にします。
・12月中旬に新聞折込をしてから、ずっと好調です。年内は2日に一人は、チラシを持って来店されました。年が明けてからは、折込チラシを持ってくる人はいませんが、きっとチラシを見ての来店だと思います。
・1月初旬の折込チラシで1棟、契約出来ました。理想のお客様でした。
・新聞の折込チラシって、即効性があるじゃないですか?今は業績が好調なのでいいんですが、下振れした時のために今から準備したいです。集客できるチラシを作っておけば、いざという時、すぐに効果を期待できるので安心です。
・もっと来場が欲しいけど、新聞って読まれてないのかな?
・・・・・等々です。

今朝も、ある企業の営業部長さんから、

「大見さん、来週、急遽ポスティングを出来ないかな?」

と電話がありました。

よくよく聞いてみると、

「昨日の新聞折込チラシで続々とお客様が来ている。こんなに集客がある事は珍しいじゃんね。」

「ただ、若い人が少ない。アパートやマンションに住んでいる若い人は、新聞を取ってない人が多いから、伝わってないと思うんだよね?そこをポスティングでカバーしたい。やってみないと、この想定が合っているかは、わからないけどね・・・。せっかく、集客があるチラシだから試してみないと勿体無いじゃんね。」

と言われました。

 

この営業部長さん、仕事熱心で、現場を良く知っているので、この想定は当たっています。

新聞って、読まれてない、購読者が少なくなっているって言われていますが、地域密着のプッシュ型の広告で、まだまだ力があります。

もちろん、新聞の購読者は減っていますし、情報源はネットで十分と言う方が多いのも事実です。

でも、ネットの中の情報ってどれくらいあるか、ご存知ですか?

実は、

「地球上の砂場の砂の数よりも多い。」

と言われています。

つまり、見つけてもらうのが大変です。

ホームページを作れば伝わるわけではありません。

それなりに、お金と時間を掛けて、見つけてもらえる努力と言うか、伝える努力をしないと伝わらない訳です。

また、チラシだろうがネット広告だろうが、効果がない広告は、ずーーーーーーと続けても、効果は見込めません。

その内容に誰も興味を持たないからです。

表現を変える必要があります。

話が脱線しました。

新聞に戻します。
愛知県ですから中日新聞の媒体です。

これが、中日新聞の購読者です。
 

新聞の本当の姿を知っていますか? 愛知県での朝刊の販売部数は、約150万部です。

愛知県の世帯数は約320万世帯ですから、新聞購読率は約50%。

ただ、企業が購読している数も含まれているので、それを想定すると、30%位は購読していると思います。

「新聞購読者が30%しか居ないのかー、少ない!」

って思ってしまうと新聞の本当の姿が見えてこなくなります。

もう少し詳しく見てみます。
 

新聞購読者の住居形態です。

一戸建て持ち家の方が81.6%です。

借家、賃貸マンション/アパートの方が5.6%、

分譲マンションの方は、4.9%です。

この数字を読み解く必要があります。

先ほどの営業部長さんの「若い人に情報が届いていない。」が当たっています。

アパートやマンションにお住まいで新聞を取っている人が一戸建ての方に比べて、極端に少ないことがわかります。

この人たちには、新聞にチラシを折込んでも情報が届かないです。

情報を届けるには、アパートやマンションと言った集合住宅を狙ってポスティングをするとか、ネット広告でカバーする必要があります。

もう一つ、新聞のデータをご紹介します。
 

新聞の本当の姿を知っていますか? ここから読み解けることは、

(1)2世帯・3世帯の家が多く新聞を購読している。

(2)世帯年収が高い。特に夕刊も取っている家は、世帯年収1,000万円以上の家が27%もあります。

(3)20年以上購読し続けている歴史ある家が60%以上ある。

です。

トータルで考えると、

新聞購読者は、「一戸建てにお住まい」で、「世帯年収が高く」、「もともとの地元の方」が多い事がわかります。

これが新聞の本当の姿です。

「購読者が減っているから、新聞にチラシを折込んでも無駄」

と考えて、止めてしまうのは、もったいないと思います。

もちろん、「ピザの宅配」等、新聞折込チラシよりもポスティングを利用したほうが効果が上がる確立が高い広告もありますが、


「住宅のリフォーム」
「カーポートや門扉といったエクステリアリフォーム」
「住宅の新築・建替え」
「地主さん向けの土地活用」
「健康食品」
「スポーツクラブ」
「ホームセンター」
「葬儀場」

は、新聞の購読者と合っています。

新聞を上手に利用すれば、まだまだ効果を上げられる確立は高くなります。

事実、過去に「地主さん向けのアパートによる土地活用セミナー」の広告を夕刊に掲載して、セミナー集客に成功した事もあります。

夕刊の購読者は、「歴史があるお宅が多い」→「土地をお持ちの地主さんが多いだろう」という想定です。

情報源が多様化している今の時代だからこそ、ターゲットなる人がどんな媒体を利用しているのか?をしっかりと見極める必要があります。

 

そして、根本的には「ターゲットにしっかりと伝わるメッセージ」を構築しなければ、消費者は動きません。

広告は「あなたが情報を届けたい人へのラブレター」と思って作って欲しいです。

非常にアナログ的ですが、気持ちが入っていない広告は、やっぱり効果が薄いです。

気持ちが入っている広告は反響が出ます。

気持ちが入った広告を作りたい方は、こちらをご覧ください。

https://www.assh.co.jp/blog/v/106/

「A4」1枚アンケート実践勉強会の案内です。

きっと参考になると思います。

ではでは、今日はこれで終わりにします。


第3回「A4」1枚アンケート実践勉強会inアッシュデザインのご案内

お知らせ|2019/10/22(火)

経費削減で、社内でチラシを作るようになったけど、作り方がわからないと悩んでいる方

チラシ、ホームページ、ネット広告、SNS等告知に必要と思われる媒体は全て利用しているが、集客が進まないと悩んでいる方

売上げが落ちてきたので、広告に取り組みたいけど、何から始めたらいいかわからない方

こんな悩みを不安を抱えている方へ



お客様の声を利用して、売れるチラシやホームページが作れるようになる
 『「A4」1枚アンケート実践勉強会inアッシュデザイン』を開催します。 
(Amazonでいちばん売れている広告作成本のノウハウが身につきます。)
 

まずは、こちらをご覧ください。

前回の参加者の声です。





実際に広告を作るところまで行うので、「大変、わかりやすかった」と言っていただいています。

では、みなさんが、何が決め手で参加されたのでしょうか?

お一人は、これ↓



同業社が新聞折込チラシで受注を重ねているのを知って、自分もチラシの勉強をして、売れるチラシを作りたいっていうのが決め手です。

もう、お一人はこれ↓



小手先のテクニックではなく、王道を学べそうというのが理由です。


 

お二人とも、決め手は違いますが、両方とも正しいと思います。
(主催者の私が言うのも変ですが・・・。)

今は、生活者の価値観が多様化して、いろいろな媒体が情報源になっています。

新聞折込チラシであったり、

ポスティングチラシであったり、

ホームページであったり、

SNSであったり・・・。

でも、基本は、そこに載せる情報が自社の強みをしっかり伝えられているか?

そして、そのメッセージは、伝わるメッセージになのか?

っていう事が大切です。

ここが組み立てられていないと、どんな媒体を使っても、効果は上がりません。

その基本が学べるセミナーです。


 

第3回「A4」1枚アンケート実践勉強会inアッシュデザインのご案内

 内容 
岡本達彦氏の著書『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』の文中で紹介している理論を元に、アンケートの分析を行い、その分析をもとにチラシやホームページなどの「売れる広告」のラフ原稿作成を実践していただきます。

 


 講師 「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザー 
 大見 和志 

良いモノを持っているにもかかわらず、上手く伝えられず困っている愛知県の中小企業に「A4」1枚アンケートの手法を広めるため、著者の販促コンサルタント岡本達彦氏の下、広告作成アドバイザーとして活動中。

経歴
生年月日 昭和43年2月28日
出身地 愛知県安城市
経歴 安城市立中部小学校→安城市立北中学校→安城東高校→河合塾→愛知教育大学→株式会社リクルート→株式会社アッシュデザイン創業

担当実績
クレバリーホーム安城店(株式会社クサカ)、ナカオホーム(中尾建設工業株式会社)、株式会社フジイ住宅、トヨタすまいるライフ株式会社、アイシンリブラン、トヨタホーム株式会社、トヨタホーム名古屋株式会社、株式会社サカエ、株式会社クレストホームズ、植村産業株式会社、愛知県住宅供給公社、株式会社未来住建、ユニバーサルホーム安城(株式会社神谷組)、太陽ハウジング株式会社、株式会社吉川住建、株式会社梶川建設、株式会社スペースクリエイト、株式会社グッドホーム豊田、山田建設株式会社、その他 約100社を担当


 

 開催日 2019年11月7日(木)午後1:30~5:00
 会 場  株式会社アッシュデザイン 会議室

      〒446-0066 愛知県安城市池浦町池西65 クサカ池浦ビル1F
      駐車場あり

 参加費  初回12,000円(再受講7,000円)


参加特典:「A4」1枚アンケート実践バイブル書籍を1冊プレゼント
 


※「A4」1枚アンケート実践バイブルの書籍を持参の方、2,000円引

先着6名様


難しいパソコンの操作はありません。

広告の知識が無くても、大丈夫です。

前回のチラシ制作風景です。




B紙に鉛筆とマジックでチラシを表現していきます。

完成品がこれ↓




難しくは無いです。

めんどくさいと思わないでくださいね。

実際に自分で経験しないと「売れるチラシ」「売れる広告」の知識は身につきませんから・・・。

もし、ご満足いただけなければ、全額返金しますから安心してください。


ではでは、お待ちしています。
 

お申し込み方法 
お電話・FAX・メール・申し込みフォームからお申し込みください。
TEL:0566-73-6399
FAX:0566-72-5451(下記のチラシをプリントしてご利用ください。)
メール:info@assh.co.jp
フォーム:http://www.assh.co.jp/formmail/

担当/大見(おおみ)


もう値引きや景品に頼る安易な販促は止めにしませんか?本物の販促が手に入る「コンサル無料キャンペーン!」のご案内

お知らせ|2019/10/14(月)

A4 1 枚アンケート広告作成アドバイザーの大見和志と申します。

 

私は、大学を卒業してから約25年間、ずっと広告に携わる仕事をしています。私たちが提案した広告で、反響があり、お客様の商品が売れ、売り上げが大きく伸びたり、その商品のご担当者が会社で出世していく様を見る事が何よりもうれしいですし、私たちの仕事はまさに「お客様の応援団」だと思い、広告の仕事に取り組んできました。

 

ところが、インターネットが普及して、新しいテクノロジーがどんどん開発される中で、「広告が効かない。」もしくは「広告が効いているのかどうか、わからない。」とお客様に言われる事が多くなりました。そう言われ出したのが、この15年位前からです。

私も新しい媒体(リスティング広告やインプレッション広告等)にも一通り取り組み、何とか、「お客様のお役に立ちたい。」「売上アップに貢献したい。」と努力しましたが、思うような結果が残せずに、悩んでいました。

 

悩んでいた内容は、

(1)これからはネットの時代だと言われ、ネット広告に全面的に移行しても、反響が無く、売上が伸び悩むお客様が意外と多いこと

(2)「新聞の購読者が減って、折込チラシはもう効果が無い」って言われている中、効果をしっかり出しているお客様もあること

上記の2点です。

 

「どうしてだろう?」と考えている時に私なりに出した結論は、

「情報(メッセージ)を載せる媒体よりもその情報(メッセージ)自体に問題があるのではないのか?」

「その情報(メッセージ)に魅力が無いから、消費者を動かせないのではないか?」

という結論でした。

そんな時に出会ったのが『「A41枚アンケートで利益を5倍にする方法』でした。

この本を読んだときは、まさに目から鱗が落ちる状態でした。私が悩んだなりに出した結論がしっかりとした理論として構築されており、伝わるメッセージの作り方まで組み立てられていました。

このノウハウを使えば、多くのお客様の役に立てる、売上アップに貢献できる、そして何より岡本達彦先生が言われている「良いモノを持っているにもかかわらず、上手く伝えられなくて困っている人を助けたい!」が実現できると思い、夢中で勉強し、実践してきました。

このノウハウのおかげで、折込チラシ3万枚で新規来場者から2棟の注文住宅が契約出来たり、集めるのが難しいと言われている土地活用セミナーへの集客で、折込チラシ3万枚×2回とDM600枚で新規の地主さんを5組+再来場1組集めることが出来たりと・・・確実に効果が上がっています。

もちろん、お客様には喜んでいただいています。

 

そして、ここの所(8月のお盆過ぎから)、消費税アップのせいなのか、景気の息切れのせいなのか理由はわかりませんが、「商品が売れない」「お客さんが来ない」という声を多くお聞きするようになりました。

その様なお声のご相談をお聞きしていると、

「値引きキャンペーンを展開しているが、反応が悪い。申し込みがあってもライバル社と競合になり、さらに値引きをしないと売れない。」

とか

「もう高い商品は売れないので、安い商品を開発した。安い商品専用のホームペーもビデオも用意した。数を売らないと利益が出ないから知恵を貸して欲しい。」

と言った内容です。

 

でも、「待って下さい。」と私は言いたいです。

「値引きをするのは、最後の一手です。その前に自社の商品がなぜ売れていたのか?もう一度、考えてみませんか?きっと、ライバル社に勝るいい点があるはずです。」

「安易に安い商品に移行するとライバル社が増えるだけです。高くても買ってくれているお客様がいる訳だから、そこに商品のいい点があるはずです。それを見つけましょうよ。」

って言いたいです。

それには、「A41枚アンケートのノウハウを使うのが一番だと思います。

そうすれば、値引きをしなくても売れる、高い商品でも買ってくれるお客様と出会う事が出来ます。

 

相談する事に不安もあるかと思います。

当協会のホームページを見ると、初めてコンサルティングをお願いするには、ちょっと迷ってしまう価格が載っていますからね(笑)。

 

そこで、今回、岡本達彦先生が開発した新しい商品「売れる広告自動完成シート」が完成した事を記念して、

「コンサルティング無料キャンペーン!」を展開することになりました。

4万円相当のコンサルティングを先着250名様にプレゼントする企画です。

 

自社の課題が明確になり、売れる広告がその場で出来上がり、且つ「A41枚アンケート広告作成アドバイザーがマンツーマンでコンサルを行います。

 

・何から取り組んでいいのか、はじめの一歩が見つからなくて悩んでいる方

・具体的ですぐに実践できるノウハウが欲しい方

・小手先の販促ではなく、継続できる販促の柱を探している方

 

ぜひ、お申し込みください。

きっとお役に立てると思います。

ただし、スグに実行に移さないと無駄になってしまいます。

スグに実行に移せる経営者の方、事業主の方、またはスグに実行に移せる権限のある方を望みます。

 

お申し込 下記 りお

https://peraichi.com/landing_pages/view/jidou-c